2013年度

2013年度理事長所信


新日本の再建は我々青年の仕事である。更めて述べる迄もなく今日の日本の実情は極めて苦難に満ちている。 ~中略~ その任務の大半を負っている我々青年はあらゆる機会をとらえて互に団結し自らの修養に努めなければならぬと信ずる。

これは1949年日本の復興を誓った青年経済人達によって青年会議所が創設された時の設立趣意です。当時は終戦直後の焼野原からの復興を誓っての趣意ではありましたが、現在日本は円高やデフレ等の経済的問題や少子高齢化が引き起こす人口減少等の諸問題、また地球温暖化等による急激な自然環境の変化や原発事故による電力不足等による生活不安、さらには近隣諸国からの領土領海問題への圧力等、内容こそ60年前とは異なりますが混沌とした状況におかれています。

誰がこの混沌とした世の中を突破することができるのでしょうか。私は今こそ青年会議所の設立趣意を再度肝に銘ずる必要があると考えます。まさに、私たち20歳から40歳までの気力も体力も十分に備わった青年の集まりが、今こそ地域、そして日本に求められているのです。改めて、新日本の再建は我々青年の仕事であると言えます。




banner_sports_onigokko

banner_kagayakids3